ヒゴロノコト
# 変態村
今日は映画館で映画を観て来た。
チケット売り場の人も恥ずかしいだろうその名も
「変態村」。
職場のK氏に教えてもらったんだけどまさか観に行く気持ちになるとは。

たしかに変態でした。。変態というか・・
でも途中から全く眠くならなかった。
それはたぶん「変態」って言葉のせいかなと。
「変態」って言われると嬉しいときやそうじゃない時があるように
完全にストレスだけの言葉じゃないと思うから
次に何が起こるのか期待してしまう。
「変態村」と名付けられた映画に半ばからちょっと夢中でした。(笑)
でも見終わって意味がわかりませんでした。いろいろなことに対して。

映画を観て
「何がいいたいのかわからなかった」ってよく聞くけど
僕はそれはぜんぜんありだと思う。
解釈は観る側に委ねる映画が最近多いような気もする。
でもこの映画はそれさえも疑問に感じるような映画でした。。
カメラワークと音響はすごくよかった。

映画の後は東京工芸大学へ
「写大ギャラリー・コレクション展「ヨーロッパの写真家 I」」
リンク1
リンク2
を観に行って来た。
2003年に来た森山大道の写真展以来。
1988年、ここで開催された「ウィリィ・ロニス展」の当時の案内ポストカードが
18年も経ったとは思えないキレイな状態で置いてあってびっくりした。
入場料無料なので興味のある方はぜひ。

20060422.jpg

コメント










この記事のトラックバックURL

トラックバック
ヒゴロノコト内検索

エントリー
コメント
トラックバック
カテゴリ
logo